<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手 by FC2
| - | | - | - | page top
気持ち悪い奴
不逞の輩。
何年ブリかに腸煮えくりかえった。

教えたがり、かっこつけたがりがあれほど腹立つとは。

人のトライしてる課題を横から登って簡単だとか言う奴は、人として認めない。

ま、一筆が最後に登れてヨシとするしかないね。
やっぱり岩は一人か仲間内だけで登るに限る。

すっげーやなことがあったから、なんかでかい買い物できるなー。やったぜ

web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 21:39 | comments(0) | - | page top
8/28.29 かぶとむし
久しぶりのキャンプ

1日目は リバーサイド。 
前に行ったときに二階はやらんかったので、やってみました

DOKUFUだけガバを見逃してオンサイトできず。寝起きは集中力が低くて、すぐあきらめちゃう

集中力の大切さって大事だってことを何回も思った2日間でした

リバーサイド、1階の10bマスターOS、2階のランデブー11aとBUNBUN11bマスターOS、DOKUFU11aは2回目でrp


DOKUHUのバナン



夜メシは肉!ってことでキャンプなのにフジモト


お腹いっぱい幸せすぎて一瞬気を失いました





久しぶりのMSRハバハバをたてました
写真撮ればよかった

ほぼ一睡もしていなかったので、ビール後即昇天 中途半端に寝てしまたお陰で夜はシュラフの中でウダウダ
もう夜はかなり寒いですね

キャンプは自分の車がいいって実感したー
なにせキャンプ道具全部実家だし、荷物多くなるの悪いし


2日目は仕出し屋さんと合流して屋根岩2峰。初めての2峰でした

裏側の小暮大サーカスとジャックさんの結婚記念ルートではあんまりでせうかの2本をマスターOS、11bのスラブはテンションかけつつムーブ探り

かっこいいカンテルートのかぶとむし12a、仕出し屋さんとやりました

これまたむずかしいルート。 ムーブ解決に1便。その後のトライで悔しさの残る2テン、集中力途切れてあっけなく敗退。雲行きがあやしくなって撤収。

涼しくなる前にやっつけに来なきゃです




いい2日間でした。

やっぱクルマ買おう


ケクタさんの写真がたのしみです
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 15:05 | comments(0) | - | page top
おぎゃー山でスLOVEと虻・蚋
昨日、金曜日はマッツと一緒に小川山のスラブやりに行った。

到着して、息を深く吸う。

あー、やっぱ小川山はいいなー。と。汚い大岩を見ながらしばし癒された。

車に戻って荷支度する。今日は兄岩・父岩付近を登る予定だ。

ザックを出して色々やってると、数匹のでかいハエがまとわりついてきた。
やっぱ年々虫が多くなってるなーとマッツと話しながらアプローチへ。

残念。増水で渡渉できない。
色々と他の渡渉ポイントを探すが、全滅。

アプローチでも、日の当たる場所に出ると、とにかくあのでかいハエがまとわりついてきた。
ウゼーと思って歩いていたら、腕を刺された(咬まれた)。いってぇ。

・・・調べた。ハエじゃなくて、アブ。


それでもなおアブにまとわり疲れ、渡渉もできず、とりあえず車に戻って、虫のいなそうな屋根岩で高度が高い場所に行くことにした。

ソッコー車に乗り、大日Pに移動。それでもいまだアブが車を取り囲んでいる。

急いで荷物を持ち、屋根岩へとアプローチ。
すぐにアブは消えていった。よし。


目指すは3年ぶりのおむすび山スラブ。
初めてマルチやった。いやま、60mで1ピッチでいけるんだけども、一応トポには2ピッチって書いてあるし、終了点がしっかりしてるからマルチを教わるのも楽だしってことで。

ラベンダーはやっぱり楽しい。
ザ・小川山スラブ。10a。僕の知っているスラブの中では一番グラウンドアップの歴史を感じることのできる好課題だと思う。
そして意外と触られていないが、そのラベンダーの2ピッチ目も相当面白い。高度振り向けば小川山が一望できるような岩の飛び出てるテッペンを、古びたRCCとまっ茶色のリングボルトを頼りに登る10b。
70度くらいでホールドが無いドスラブで、左側のカンテをスラブ足とレイバック気味にして登る。クリップも難しいが、そのクリップした頼りないボルトを見ると、心も試される。
マイベストルートオブ小川山スラブ。

ハンギングビレーしながらマッツのリードを見ていたが、懸垂で地面に着くまでの全ての時間が充実していた。

しかし、残念ながら隣のリメンブランス10cを登っている最中、アブ3匹に襲われ、咬まれながら登ったことが悔やまれる。
足を上げる、咬まれているのが見える、左手挙げる、右手下げる、右足を手に足するついでにアブを殺す、左手ポケットを持つ、クリップする、岩に止まったアブを殺す、右手挙げる、左足挙げる、左手挙げるついでに右手に止まったアブを殺す。

最低なトライだった。


帰り道で何かやったことない課題をやろうということで、純情岩へ。
実は3年前、迷ってたどり着いた岩だった。残念、と思ったけど、裏面に12aがあったのでやってみることに。
ルート名は「あやしい奴」。

ここは虫がいなくて快適だ。

マッツがトライするも抜けられず、交代した。

10mくらいで、下部が超優しく、典型的なミジカシイルート。丈夫は綺麗なスラブカンテ。ホールドはほとんど見えない。角度も80度以上に立っている。短いけど、美しい。

いざ取り付いてみると明らかに難しいことがわかった。
マッツが2級ぐらい?と言っていたけど、いやいや、「夜」や「エレスアクベ」よりはるかに悪いンデスケド・・・。左には明らかに脱落したホールドの跡があるけど、たぶんあっちはライン外。
でも怪しいな。さすがあやしい奴。全部のホールドが怪しく見えるじゃないか。
色々試行錯誤していると下から悲鳴が。

マッツが大量の虫に犯されそうになっているではないか。
さっきまではいなかったのに。

急いで僕はセルフを取り、マッツは靴とジャケット、グローブをした。ジャケットはフードまでしっかり被ってる。

これはもう終了だなーと思っていると、カンテ右側の側壁になにやらオレンジのあやしい飛行物体が。

でた、ヤツが。

しかし、ヤツは数秒間僕の周りに漂った跡、すぐに姿を消した。
僕はもう顔面蒼白。
ヤツに遭遇しない日がなかなか無い。もうどうにかしてほしい。

オレンジの悪魔の登場により、消えかけていた僕の心の灯火は、躊躇無く折れて消え失せた。

下に下りると、マッツのジーンズに無数のブヨ。数匹のアブ。
ひどい。
酷すぎる。

心の折れすぎた僕らは早々に荷物をまとめ、初めてパノラマコースを通ってせめてものハイキング気分を満喫しながら下界へと戻った。

車に着いてみると、まだ虫はいない。
が、数十秒で僕らの車の周りに10匹くらいのアブがまとわりついている。

なんてこった。

やつらが侵入しないように気をつかいながら車に乗り込むと、マッツが運転席のガラスを指差す。
見ると、アブ!

と思ったら外側に張り付いていた。
どこまで血に飢えているんだ、このクソアブ!
最低だ。
小川山、いつからこんなに最低になってしまったのか。

山荘のおばちゃんはシカが増えたからねぇ、と言った。

クソシカ!

この連休、小川山に行った人がいたら、是非虫どもの経過を教えてください。
やつらがいなくならなきゃ、二度と夏に小川山には行きません。



おむすび山スラブ。ラベンダー取り付きのテラスにて。

それにしても、ラベンダーは最高だったなぁ。
永遠に残って欲しいルートNo.1だ。
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 15:32 | comments(2) | - | page top
お盆休みの小川山
200908120736001.jpg
久しぶりにグッドロケーションでリードできて気持ち良かった。
けど、足間違えてRPできず、クソ悔しかった。
11cなのに12ぐらいに感じた。
10dもオンサイトできなくてすごく凹んだ。

ボルダーも、2年ぶりぐらいにイバンさんと登れたので楽しかった。
ただ、皮も弱すぎだし、保持力もめちゃくちゃ落ちてるし、なのに恐怖心は増えてるしで反省というか悔しさ満点。

結局、三日とも一日中登ってた。
リフレッシュしたけども、クライミングの内容は悔しいことばかりで、今はすでに現実の波にもまれている。

ヨセミテ行ったら、ほんとに日本捨てちゃうかもしれないな。
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 01:20 | comments(0) | - | page top
小川山。
ボルダーオンリーの小川山はほんっと久しぶり。1年ぐらいかな。
とりあえず前回できそうだったコワの流れをやりに行く。

ムーブ全部忘れてました。
でもすぐムーブは解決。
つなげて核心越えられず、ヨレて2手目もとまらなくなってしまったのであっさりあきらめ、みんなのいるクジラ周辺へ移動。

スパイヤーの岩の一番左の1級スラブをやりました。
ちょこっとやったら登れましたよ。
久しぶりの小川山スラブ。感覚を思い出してウキウキでした。

そのついでに、ずっとやりたかったグロヴァッツスラブ。
オンサイト狙いも、やっぱり思い通りにいかないもんで×。
出だしのムーブがわからなかったけど、何回かやったらコツがつかめた。
ルートにたとえると11bくらいのムーブかな。核心はこれだけで、あとは高さで精神力勝負?といってもガバだからぜんぜん問題ありませんです。ホールド知らないから、その分ちびっとコワいだけ。
満足感はなかったけど、イイ課題でした。

続いてこれまたずっとやりたかった静かの海。
もうヨレヨレのボロボロでもとりあえず触っとこうとトライしてみたら・・・オモロー!!
スローパーパチパチの完全苦手系。
力残ってなかったからユーチューブでムーブパクる。
やっぱムズ。でもオモロ。
今度またやりにいこっと。


しずか敗退よ
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 10:38 | comments(0) | - | page top
明日は小川山
登りっぱなしの日々にサヨナラ告げて、昨日今日と体幹と指皮のレスト。

明日はがっつりいくぞー。
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 11:50 | comments(0) | - | page top
初クラック
小川山。
妹岩。

竜の子太郎。
5.9

もちろんボルトはありません。


すっごく短いルートだけど、すっごく簡単なルートだけど、それでも死ぬことをこんなに身近に感じたのは初めてじゃ。

M本さんのグランド、相変わらず寝不足も相まって そりゃもうほんとに


すべてもってかれました爆弾
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 11:02 | comments(0) | - | page top
帰省
昨日は残置の宿題をやっつけに帰省。

朝9時、着いたらなんと晴れ。さすが晴れ男(>_<)ノ

いざゆかん と マラへgo

着いてガックシ…びしょ濡れやん

手のひらとjeccはなんとか乾いたけど、結局最後までガンコおやじは濡れ濡れ失禁状態…

手のひらとjeccを一本ずつ登って ひたすら寝〜

なんにせよ 疲れてるんだか 下半身が言うこときかない

二本しか登ってないのに帰りのアプローチは足ガクガク

東京に出稼ぎに来て 体がナマっちょる!

鍛え直しじゃ
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 12:12 | comments(0) | - | page top
約10日間の小川山。
約10日間の小川山。

■ソラマメスラブ
マイルドタジヤン5.8
ソラマメ5.9+
三色すみれ5.10a OS MS
ソラマメハング5.10c OS MS
スーパーハング5.11d RP 2tr
スラブの逆襲5.11b RP 2tr
D助の冒険5.12b OS MS
帰ってきたタジヤン5.11b RP MS 3tr

■屋根岩5峰
私の傾斜5.11d OS MS
風姿花伝5.11b FL
ギャオス5.10b OS MS
小川山庭園5.11d RP
JACK参上5.12a RP

■水晶スラブ
水晶スラブ下不明岩2本
ノイズ5.11a再登
アバタもエクボ5.10c再登
越境者5.10a FL

■スラブ状岸壁
小川山ショートストーリー5.9
高い窓5.10b RP
オーウェンのために祈りを5.10c OS MS
かわいい女(直上ver)5.11a FL
水曜日のシンデレラ5.11a FL
↑の隣の不明ルート OS MS
穴があったら出たい5.10a/b OS MS
Song of Pine5.8
デロリンマン5.11c/d OS MS

■父岩
小川山ストリート5.9
クはクライマーのク5.10c FL
レタス畑でつかまって5.10d OS MS

■左岸スラブ
ジャーマン、B&W 再登
YMO5.12a RP 6tr
web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 16:44 | comments(0) | - | page top
おがわやま
今週末、7/5、7/6の成果。

7/5
■水晶スラブ
・アバタもエクボ 5.10c
2トライでRP

・ノイズ 5.11a
OSトライは核心入ってすぐ失敗。
2トライでRP

■ひょっとこ岩
・オンザロード 5.10c
怖かったし危なかった。ギリギリOS


7/6
■マラ岩
・川上小唄 アップ。

・ロッキーロード 5.12a
トップロープで試登。
トラバースはスタンスが乏しいけど、高度に慣れればムーブもクリップもそんなむつかしくない。
クラックはナチュプロ揃えてOK。たぶんカムも決めやすい。(←勝手な思い込み)
上部はワケアリで試登できず。次回に。でも結構立ってるスラブでホールドもスタンスも悪いし乏しい。
フェイス、トラバース、クラック、スラブの総合ルート。これを登らないとエクセレントは無理だけに、気合が入るってばよー。

web拍手 by FC2
| 岩: 小川山 | 20:18 | comments(2) | - | page top
 SELECTED ENTRIES
 CATEGORIES
 ARCHIVES
 MY BLOG LIST

 RECENT COMMENT
 LINKS
 PROFILE


RSS表示パーツ